ドッグトレーナーになるには|資格取得を目指す人が読むサイト

ドッグトレーナーとは?

ドッグトレーナー画像

「ドッグトレーナー」をご存知でしょうか?

 

昨今、大きな注目を浴びている職業の1つとなっています。

 

主に家庭犬のしつけ(お散歩・トイレ・お留守番など)や、その飼い主に対する飼育サポートなどを行います。

 

ご自宅の愛犬のしつけを目的に学ぶ方を始め、身に付けたスキルを仕事に活かす方、盲導犬・介助犬・警察犬などの訓練士を目指す方まで、様々な場面で活躍しています。

 

どんな職場で活躍できる?

しつけ教室・しつけ専門施設・トレーナー養成施設・ペットショップ・ペットホテル・老犬ホーム・トリミングサロン・動物病院・ペットシッター ・警察犬学校・盲導犬協会など

ラブラドール・レトリバー画像

現在の日本は空前のペットブームを迎えており、ドッグトレーナーは各方面で求められています。

 

まだまだ需要に対して供給が追いついてない状況ですので、興味がある方は専門的に学ばれてみてはいかがでしょうか。

 

ドッグトレーナーになるには?

ドッグトレーナーになるには、ドッグトレーナーに関する知識とスキルを身に付けなければいけません。

 

まずは、以下2つの方法のどちらかで資格を取得するのが一般的です。

養成スクールに通う
通信講座を受講する

 

どちらの方法にもメリットとデメリットがありますが、取得できる資格に大きな違いはありません。

 

生活環境や費用面、学習する目的などを考慮したうえで、自分にとって学びやすい方法を選択することをおすすめします。

 

資格は必要?

ペット画像

厳密に言えば、ドッグトレーナー資格は国家資格ではないので、働くうえで必ず取得しなければいけないものではありません。

 

しかし実際の現場では、豊富な犬種のそれぞれの特徴を理解し、適切なトレーニングを実施する専門スキルや、犬の体調管理に関わる「動物看護・介護学」の知識などが求められるため、事前に学習を積んだうえで就業するのが一般的です。

 

採用募集などを見ても、年々経験者や有資格者を優遇する傾向が強くなっているため、資格は取得しておいた方が無難だと言えます。

 

失敗しない!人気講座はどれ?

ドッグトレーナー(ブラッシュアップ学び)

ロゴ画像
「ブラッシュアップ学び」は、年間10万人以上が利用するスクール専門サイトです。ドッグトレーナーのあらゆる講座を比較&まとめて資料請求ができるので便利です。ドッグトレーナー資格は、ドッグトレーナー・家庭犬トレーナー・ドッグトレーニングアドバイザー等など、複数の団体で認定されています。事前にそれぞれの特徴を調べたうえで申し込みましょう。

 

ボタン画像

 

資格の種類はどんなものがある?

資格名

概要

補足

ドッグトレーナー 家庭犬やペットのしつけを行うのに適した資格です。資格取得後、家庭犬トレーナーとして就業、独立が可能です。

通信or通学
125,280円〜
約5ヶ月

愛犬飼育管理士 多くの自治体で「動物取扱業者登録」の際の資格要件として認められており、ドッグトレーナーを目指す方に有用な資格です。

通学講座
5,300円
最短1日〜

犬の訓練士 家庭犬・警察犬・盲導犬の訓練以外にも、災害救助犬・麻薬探知犬・水難救助犬・山岳救助犬など様々な分野で活躍できます。

通学講座
レベルによって異なる
1年以上

ドッグハンドラー ドッグショーなどに出場する犬の訓練、ショー当日にハンドリングを行なうスキルを身に付けられます。

通学
レベルによって異なる
1年以上

セラピードッグトレーナー 動物と触れ合うことで、ストレスを軽減し、人をポジティブに変えていく「セラピードッグ」の育成方法を学びます。

通信
89,000円
約4ヶ月

ドッグトレーナー・プライマリーライセンス ペットと人が共生するためのしつけを学び、ドッグトレーナーとして活躍するための基礎を習得します。

通信
48,600円〜
約3ヶ月

講座を選ぶ際に気をつけるべきポイント

通信or通学どちら?

通信講座と通学講座、一人一人の生活環境が異なりますので、どちらが良いと一概には言えません。もしあなたが、他の仕事や子育てをしながら学習をするのであれば、まずは自宅で学べる通信講座をおすすめします。

 

どの資格を取得する?

どの講座を受講するかによって、身に付けられるスキル、取得できる資格が異なります。仕事として活かしたいのか。それとも、愛犬のしつけのために学びたいのか。資格は業界内で良く知られているものか。よく確認したうえで講座を選びましょう。

 

費用はどれくらいかかる?

講座によって価格が異なります。中には同等のカリキュラムで、同じ資格が取得できるにも関わらず、3〜5万円ほどの開きがある講座もあります。必ず比較をしたうえで申込みましょう。

 

合格保障は付いている?

何かしらの理由で、標準学習期間内に合格が出来なくても、無償で添削サポートや期間の延長が受けられる講座がおすすめです。

 

開業・就職サポートは付いている?

元気な犬の画像

資格取得後に、開業・就職・転職を検討中の方は、無償で就・転職のバックアップが受けられる講座を選択しましょう。

 

中には、ハローワークや求人サイトに掲載されない「優良求人」を優先的に斡旋してくれるスクールもあります。

 

卒業生の進路実績などは、無料パンフレットに全て掲載されていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

おすすめの講座はどれ?

ドッグトレーナー(ブラッシュアップ学び)

ロゴ画像
年間10万人以上が利用する「ブラッシュアップ学び」は、ドッグトレーナー講座の掲載数No,1のスクール専門サイトです。複数の講座を一目で比較&まとめて資料請求ができるので大変便利です。無料で送られてくる資料には、講座の詳細や料金だけでなく、昨今の業界事情や実際に講座を受講した先輩の事例などが豊富に載っているのでとても参考になります。

 

ボタン画像

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

ドッグトレーナーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?普通の家庭で飼われている犬のトレーニングを専門的に教えている人たち、それをドッグトレーナーと呼びます。ドッグトレーナーの担当をしている普通犬のしつけでは、犬の訓練士とは異なり、お散歩、トイレ、お留守番など人と一緒に生活をしていくためのマナーや技法をしっかりと犬に教え込むことが仕事となります。このトレーニングをしている犬との関係性は、親子関係と呼べる程の親しい関係になっていることが求められます。犬だけでなく、飼い主の方もしっかりと犬との関係に於いて、サポートをしていくのがこのドッグトレーナーの仕事なのです。そのためには、常に犬と飼い主たちとの間にたってコミュニケーションを取ることもこのドッグトレーナーの役割の一つなのです。犬との関係を常に良好に保つためには、いつもこの専門家のドッグトレーナーに指示を仰いだ方が良いと思われます。犬との関係の専門家なので、犬が好きという感情だけでは、とても務まる仕事ではありません。ドッグトレーナーとして性質、性格上の向き、不向きがあることは当然なので、事前にしっかりとドッグトレーナーの仕事の内容を把握してから、専門的な職業とするのかどうかを考えてみるようにしましょう。ドッグトレーナーとしての資質についてもう少し詳しく解説していきます。ドッグトレーナーとして活動をしてみたいと考えている人は、どの位自分がドッグトレーナーとして向いているのかを、事前にチェックしましょう。ドッグトレーナーに向いている人の資質には多くの項目がありますが、どのような大きさの犬にでも愛情を注ぐことの出来る人、他人の犬にも愛犬と同じように愛情を注ぐことの出来る人、身体を動かすことが好きな人、決断力と一度決めたら最後まできちんと成し遂げられる能力のある人などが、ドッグトレーナーに向いている性格だと言えるでしょう。このような家庭犬の訓練を専門に行うドッグトレーナーになるためには、国家資格などは必要が無く、警察犬や盲導犬でも同様に、各団体、学校などが独自に制定しているのが現状です。そのため個人的なメソッドで著名なドッグトレーナーも数多く存在しているのが特徴です。姉妹サイトに、スポーツジムやプロスポーツ選手のサポートをおこなうスポーツトレーナー資格の取得方法や基礎知識、おすすすめの通信講座情報などをまとめた「スポーツトレーナーになるには|資格取得の前に確認すべきこと」も運営しています。興味がある方はこちらも参考にしていただければ幸いです。