ドッグトレーナーと訓練士の違いとは?

ドッグトレーナーと訓練士。どちらも同じ仕事のことだと思っていた、という方も中にはおられるかも知れません。どちらも同じ犬に関わる仕事であることには違いありませんが、実はそれぞれの職業における使命は全く異なるのです。

 

それでは、ドッグトレーナーと訓練士の違いとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

ドッグトレーナーと訓練士の違いについて

一般的にドッグトレーナーとは、家庭で飼われている犬のしつけを指導する職業のことです。

 

噛み癖のある犬や飼い主の言うことを全く聞かない犬など、ある種の問題行動を取る犬をどのようにしつけることができるのか、実際にトレーナーが手本を示したり、また飼い主にどのようにペットと接すると良いのかを指導します。

 

一方犬の訓練士とは、いわゆる「使役犬」と呼ばれるペットとは異なる種類の犬たちの訓練を行う職業のことです。その中には盲導犬や警察犬など、犬自身がその能力を用いて人間のために活躍することを期待されている犬たちへの訓練となります。

 

ドッグトレーナーは飼い主とペットの犬との絆を深めるための橋渡し的な役割であるのに対し、訓練士は犬にひたすら人間に従順であることを教え込む仕事であると言えるでしょう。

 

その他の違いについて

どちらも国家資格ではない点では同じですが、それぞれに資格を発行する機関が全く異なります。

 

ドッグトレーナーの資格に関しては、様々なスクールが独自に発行している資格から世界で通用するアメリカの団体が認定している資格まで種類は豊富にあります。

 

訓練士の場合、もしも警察官にならずに嘱託警察犬の訓練士を目指すのであれば、公益社団法人である日本警察犬協会が実施する試験を受験する必要があります。

 

また、盲導犬の訓練士の場合においては、国家公安委員会から指定されている盲導犬育成団体において研修を受ける必要があります。そうして、素質があり盲導犬訓練の知識が十分にあると見込まれた場合のみ、盲導犬訓練士としての名称を名乗ることができます。