ドッグトレーナーの関連資格にはどんなものがある?

犬に関わる仕事がしたいと思い、ドッグトレーナーを目指して資格取得に励む方もおられるでしょう。しかし、いざ就職先を探す段階になると、ドッグトレーナーの資格にプラスアルファがある方が職種選択の幅が広がるのは確かです。

 

そこで今回は、どんな種類のドッグトレーナーに役立つ関連資格があるのかをご紹介したいと思います。

 

ドッグトレーナーと同時に目指せる資格

ドッグトレーナーの資格を取得できるスクールにおいて、ドッグトレーナー養成講座受講時に同時に他の資格も取得できる講座があります。

 

その資格は、ドッグトレーナーとして就職する際にも、また独立開業を目指す際にも役立つ資格であることがほとんどですが、その中にはドッグセラピスト、動物看護士の資格などが含まれるでしょう。

 

ドッグトレーナーに役立つ関連資格

ドッグセラピストの資格とは、虐待などにより心身に傷を負った犬に対してセラピーを行う専門家のことです。心を閉ざしてしまった犬の訓練は容易ではありませんが、ドッグセラピーに関する知識があることで、ドッグトレーナーとしてより犬の気持ちを理解することができるでしょう。

 

一方ドッグセラピストの資格と混同されやすい資格として、セラピードッグトレーナーの資格もあります。これはアニマルセラピーの一種でもあるドッグセラピーにより、高齢者やストレスを抱える人々に対して行われるリハビリテーションです。

 

ドッグトレーナーの仕事にプラスして、セラピードッグトレーナーの資格を取得しておくなら、より一層活躍の幅が広がるに違いありません。

 

また、動物看護士やトリマーの資格、その他ペットシッターの資格などもドッグトレーナーの仕事の幅を増やしてくれるのに役立つ関連資格であると言えるでしょう。

 

それらの資格で習得した知識は、ドッグトリマーとしてはもちろん、動物病院やペットカフェ、ペットを預かる施設や動物保護シェルターなどで働く際にも役立つことでしょう。