ドッグトレーナーの資格は通信講座で取得できる?

通信教育について

ドッグトレーナーになりたいと思った際に、技術を習得する方法の選択肢として講座を受講することが挙げられます。その中でも、比較的費用を安く抑えられる方法として、通信教育の受講が考えられます。

 

ドッグトレーナーを育成するためのスクールは数多く存在していますので、本気でドッグトレーナーを目指すのであれば、自分に合ったスクールを探しみることをおすすめします。

 

通信講座のメリットとしては、自分のペースでじっくりと学べるという点がある一方、デメリットには、対面で講師から指導を受けることができないという点があります。

 

通信講座の場合、疑問や不明点は、メールやFAXで回答をしてくれると思いますが、手取り足取り、時にはジェスチャー交えながら指導を受けられる通学講座に比べると若干物足りない点があるのは否めません。

 

しかしながら、通信講座でもスクーリングを実施して実技技能を直接講師から習得する機会が設けられていますので、その際に、疑問や不明点は全て解消するようにすると良いと思います

 

講座によって異なりますが、一般的には約半年間の受講で、ドッグトレーナーとして活動できる資格の取得と、プロになるためのしっかりとした基礎知識を習得することができます。

 

講座では、犬のトレーニング学、食事やトイレのしつけ、命令の出し方、足の運び方、アニマルセラピー、ペットロス、ペット社会学等など…様々な分野を学んでいくことになります。

 

ペットに関して学べる内容が幅広く、資格取得後のサポート体制が整っている通信講座が優れているスクールと言えるでしょう。

 

ドッグトレーナーには公的な資格は存在しません。すべて民間の資格となっており、様々な団体が認定しているのが現状です。講座の中には、ドッグトレーナーに加えてペット販売士や小動物看護士などの資格も合わせて取得できる講座もありますので、興味のある方は、自分で調べたうえでスクールの担当者に相談してみると良いと思います。

 

ドッグトレーナーは、様々な種類の犬がペットとして家庭で飼われるようになり、近年、急激にニーズが高まってきた職業です。

 

犬と人との良好な関係を保ち、同じ家族として一緒に生活を送る上で、争いや問題が起きないように、犬にはしっかりと「しつけ」を行い、そして飼い主には「しつけに関するスキル」を教えるプロ、それがドッグトレーナーです。犬が大好きな人には、最適な職業と言えるでしょう。