ドッグトレーナーの資格の難易度はどのくらい?

動物に関する資格の中でも、ドッグトレーナーはとても人気があります。

 

一般家庭で飼われている犬を訓練する役割を担うために、独立した職業として営む人たちを中心に、様々な人がドッグトレーナーに関する勉強をしています。

 

似たような仕事で、犬の訓練をする盲導犬訓練士や動物訓練士などを挙げることが出来ますが、前述した2つの資格は、ドッグトレーナーよりも高度で専門的な知識が求められるため、途中で挫折してしまう人たちも多いようです。

 

それに比べて、ドッグトレーナーは比較的難易度が低いと言われています。(トリマー、ペットシッター、動物看護士よりは難易度が高いです。)その理由として、ドッグトレーナーは、盲導犬訓練士や動物訓練士などと比べて、家庭犬の訓練に限定されている職業であることが挙げられます。

 

社会背景

最近のペットブームは凄まじいものがあり、犬をペットとして飼うことは非常に人気があります。そして、犬を飼う人の環境は、一人暮らしの方をはじめ、子どものいないご家庭、老夫婦のご家庭などさまざまです。

 

そのような時代背景を反映してなのか、室内犬を飼う人たちも増えており、そのため人間と一緒に生活をする上で最低限のマナーなどを犬に教え込む必要性に迫られ、ドッグトレーナーのニーズが高まっているのです。

 

ドッグトレーナーは、言葉で教え込むだけでなく、犬より上の立場から、的確に犬を指導したり、命令を与えるといった特別な訓練を積んだ「しつけ」の専門家なのです。

 

犬の習性について

犬は元々集団生活を基本としている動物です。そのため本能的に集団内の社会性と秩序を重んじる性質を持っており、飼い主を自分より上の立場と見なすと従順になり、自分より下の立場だと判断すると全く言う事を聞いてはくれません。

 

例え成犬であっても、その従順さにかけては、しっかりと根気よくしつけを実行することによって、どんどんと人に馴れてくるようになります。そのような犬の習性なども全て把握して、犬と人との生活のあらゆる関係を構築していくのがドッグトレーナーの役割です。

 

比較的男性に人気の高い資格がドッグトレーナー、女性に人気の高い資格がトリマーと言う傾向がありますが、男女どちらでも専門的な仕事として独立できる資格と言えるでしょう。