ドッグトレーナーの仕事|レッスンで効果が出なかった場合は?

ドッグトレーナーとして仕事をするうえで、「もしトレーニングの効果が出なかったら…」と考えることもあると思います。

 

飼い主の望むようなレベルまで、トレーニングが進まなかった場合、料金を受け取る事に躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

確かに、トレーニングを依頼する飼い主の多くは、大人しく賢い犬を理想とし、トレーニングを受けることで、そのような犬に生まれ変わるかのような期待を抱くものです。

 

ですが、実際には問題行動は、トレーニングを受けたからといって、すぐに解消されるわけではなく、その後日々飼い主が問題行動を治し、正しい行動を繰り返し教える事で定着するものなのです。

 

トレーニングの意味を正しく伝えましょう

犬のトレーニングレッスンとは、プロのトレーナーがいかに犬を上手に扱うかを披露する場でありません。

 

飼い主に犬のしつけ方、扱い方を指導することこそが本来の目的なのです。

 

問題行動の原因はどこにあるのか、どのように対処することで解消されるのかをまずは見極め、それぞれの飼い主のライフスタイルに合わせた対処の仕方を提案しましょう。

 

例えば、犬が散歩中に他の犬に攻撃的な態度を見せることに悩んでいる飼い主には、犬が吠えた時の対処の仕方を指導しましょう。

 

飼い主は、犬が他の犬と接するたびに、正しい対処の方法で犬を落ちつかせるように常に意識し、トレーナーが同席していない場でも、繰り返しトレーニングを行います。

 

ですが、「正しい対処」の方法を頭ではわかっていても、いざとなるとなかなか咄嗟に行動に移せないものです。

 

ですから、トレーニングレッスンを受けても、なかなか効果がでないと感じてしまうのでしょう。

 

もし、飼い主が正しい方法で対処をしていたとしても、一度、習慣になり条件反射のように反応してしまう問題行動をゼロの状態に戻すには、根気と時間が必要です。

 

犬のトレーニングの手法に速効性のある方法はありません。

 

正しい対処の方法を飼い主が身に着けることがトレーニングの意義である事を理解してもらい、自分の仕事に対する正当な対価はきちんと受け取るようにしましょう。