ドッグトレーナーになるには費用はどの位かかる?

ドッグトレーナーになるためには?

ドッグトレーナーになるための専門のスクールですが、通信講座と通学講座の2種類があります。実践的にドッグトレーナーを学びたい人には、通学コースをお勧めしますが、どのコースが自分に向いているのかもしっかりと把握した上で、受講を開始しましょう。

 

養成講座を選ぶ基準としましては、「教材内容の充実度や使いやすさ」「費用掛かる費用」「資格を取得するまでの受講期間」「資格取得後の進路」などが考えられますが、受講の選択基準としましては、

 

・受講費用とそれに見合った額の受講内容かどうか
・学習するペースや終了までの期間
・取得できる資格
・独立開業後のサポートの有無

 

が挙げられます。

 

費用としては、スクールによって様々ですが、通学コースが、2年制で80万円〜、通信スクールでは、10万円前後の受講料となっています。

 

ドッグトレーナーとしての資質とは?

ドッグトレーナーとして将来何がしたいのか?ドッグトレーナーは、犬が大好きという気持ちだけで十分にやっていける仕事と思われます。いつも犬と一緒にいることが大好きな人には最適な職業と言えるでしょう。

 

一人前のドッグトレーナーとして活躍できるように、専門スクールの内容もしっかりと吟味して、ドッグトレーナーとしての第一歩を踏み出しましょう。

 

ドッグトレーナーとは、家庭犬のペットのしつけをしたり、人と一緒に生活をしていくためのマナーを教えて、ムダ吠えや問題行動を矯正していく仕事です。

 

家庭用のペットとして非常に人気の高い犬ですが、その一方で飼い主がペットのムダ吠えやすぐ噛みついたりなどの問題行動などに悩まされる飼い主もとても多いようです。

 

そのような犬へのしつけを専門的に行っている人たちをドッグトレーナーと呼びます。

 

警察犬や介助犬などの特殊な能力を身に付けさせるための訓練を専門としている訳ではありませんが、人間と犬との安定した共生を考える上ではこのドッグトレーナーという仕事は必要不可欠と思われます。

 

犬に対しては、もちろん犬のしつけを一番の重要点に於いてトレーニングをしていきますが、飼い主と犬との関係へをも踏み込んでいくような仕事とも言えるかもしれません。

 

ドッグトレーナーという仕事は、犬が大好きであることに加えて、犬の資質、心理を深く理解して、察知して、適切なしつけが出来ることは必要な条件と言えるでしょう。

 

犬一頭一頭、それぞれ資質も毛質も何もかもが異なるので、それぞれの犬の個性、性格を見極めて、できるだけ多くの犬と触れ合うという生の経験が必要となります。

 

さらにドッグトレーナーとして、飼い主とも良好な人間関係を築き、飼い主に対して家庭でのしつけのポイントなどもしっかりと教えていくことも求められます。ですから、ドッグトレーナーには、人と人とのコミュニケーション能力も非常に重要な要素になるのです。