有名なドッグトレーナーにはどんな人がいる?

ドッグトレーナーとしての将来像を想像してみたり、自身のスキルアップを考えたときに、有名なドッグトレーナーにはどのような人が居るのか気になることでしょう。

 

ベネッセ「いぬのきもち」で有名なCAN DO 代表 西川文二

ベネッセの発行する「いぬのきもち」でしつけに関する記事の執筆や監修を担当する西川文二先生です。

 

「いぬのきもち」と言えば、犬の飼育初心者向けに大変分かりやすい内容で、大人気の雑誌です。

 

西川先生は、

 

・環境省が主催する「動物適正飼養講習会」「動物適正譲渡講習会」の講師
・JAHA認定家庭犬しつけインストラクター
・発行10年になる雑誌「いぬのきもち」への登場回数の最多記録
・ご自身でも数多くの著書を出版
・東京都 世田谷区成城にしつけスクールを開講
・ペットの専門学校のトレーニング講師

 

と幅広く活躍をされています。

 

昔ながらの犬のしつけを根本から見直し、犬の脳科学の見地から、犬のトレーニングに取り組み、飼い主への分かりやすい指導も大変な評判を得ています。

 

「犬をほめて育てる」という理論の第一人者でもあります。

 

西川先生のスクールではインターンの募集や各種セミナーの開催をも定期的に行われています。

 

ペットのプロなら知っているDINGO 代表

プロとしてスキルアップを目指したい、犬とスポーツを楽しみたい、日常的なトレーニングよりも高度なトレーニング手法を身につけたい場合には、DINGOのプログラムや研修制度がお奨めです。

 

しつけに関する勉強をするうえで「テリー・ライアン」という名前をきっと耳にするでしょう。

 

そのテリー・ライアンの教えを引き継ぎ、後継となるトレーナーの育成に取り組み、ペットのトレーニングを行っているのがDINGOです。

 

「クリッカー」という音のする小さなクリップのような道具を使用し、犬へ指示を出す独特な手法で有名です。

 

DINGOでは、犬に関する経験や学歴に関係なくドッグトレーニングの勉強が出来るプログラムが用意されているので、専門学校や通信講座などの選択肢の一つとして検討するにはお奨めです。

 

相良直美氏

日本でカリスマドッグトレーナーと言えばこの方でしょう。

 

1993年からは、栃木県那須塩原市で家庭犬のしつけ教室『アニマルファンスィアーズクラブ (AFC)』を主宰。アメリカより一流の講師を招き、犬を中心に動物に関するセミナーを開催する等、動物愛護の啓蒙に貢献されています。

 

また優良家庭犬普及協会専務理事をも務めている方です。