ドッグトレーナー・藤木博子氏とは?

藤木博子氏は、三重県名張市を拠点に犬のしつけ、販売を行うPARTNER & Lien Tour(リアントゥール)の代表です。

 

Lien Tour(リアントゥール) とはフランス語で「永遠の絆」という意味をもち、犬と人の絆が永遠に続いてほしいと思いから名づけられました。

 

代表を務める藤木博子氏は、1981年12月29日生まれの大阪府大阪市出身。

 

高校卒業後、ドッグトレーナーの道へと進んだ、2児のお母さんでもあります。

 

JKC公認訓練士、JSV公認訓練士の資格を所持する元Lien Dog Schoolトレーナーです。

 

現在は、セフィロス(Gシェパード)・ルーファス(Gシェパード)・ミラ(グレートデン)ユーノー(ボルゾイ)をパートナーに、三重県でドッグトレーニングの仕事に就いています。

 

PARTNER & Lien Tour(リアントゥール)では、ホームステイ・カウンセリング・ショートステイ・レッスンや犬との交流を深めたいと思っている飼い主同士の交流の場も定期的に設けています。

 

PARTNERの行う保護活動

子犬の販売やトレーニングという取り組み以外にも、保健所に収容されている犬、オーナーの居ない犬の訓練、リハビリも行っています。

 

それは、昨今の動物保護活動を通じて、たびたび取り上げられる問題に警鐘を鳴らす意味も持っている取り組みです。

 

保健所から「かわいそう」「なんとかなる」という想いだけで、犬をレスキューし、その後十分なケアをしないまま里親に出されてしまった犬達は、犬自身も、里親側もお互いに良い関係を築くことができずに、不幸を繰り返してしまうという問題です。

 

このような行動は、レスキューする側の問題もあると言われています。

 

ですから、PARTNERでは自分たちにできる範囲の事をという考えのもと、訓練、リハビリに取り組み、新たな生活をスタートできるように取り組んでいるのです。

 

日々更新されるブログやツイッターからは、犬達の生き生きとした様子や、なかなか身近では目にすることのできないシェパード達の姿を目にすることができます。