ドッグトレーナーに将来性はある?

資格を取得するために一生懸命勉強したものの、その資格を十分に活かせる様な理想の職場が見つからなかった、ということはよくあります。

 

ドッグトレーナーの資格を取得しようとしている方の中にも、その将来性について不安を覚える方もいることでしょう。果たして、ドッグトレーナーの将来性とはどのようなものなのでしょうか?

 

将来性について

ドッグトレーナーとして働ける場所は、実は様々にあります。ドッグトレーナー養成スクールでインストラクターとして働くことも出来ますし、しつけ教室を開催している施設、犬の保育園・幼稚園やペットホテルのドッグトレーナーとして活躍することも出来ます。

 

他にもペットショップや動物病院、アニマルカフェ・ペットカフェやペットのテーマパークなど、様々な場所でドッグトレーナーとして活躍することが可能です。

 

またもちろん、ドッグトレーナーとして独立してショップをオープンさせることを選択することもできるでしょう。活躍の場が幅広い点においては、ドッグトレーナーは将来性のある仕事と言えるでしょう。

 

将来性のあるドッグトレーナーになるために

ドッグトレーナーという仕事だけに関わらずどんな仕事においても、自分の仕事をただの作業とみなしながら行う人と、常にモチベーションを高く持って行う人との間には大きな隔たりがあります。

 

前者の場合においては、たとえどんなに長くその仕事に従事したとしても、将来性のあるプロフェッショナルになることは難しいことでしょう。

 

しかしながら、後者の場合には自分の気持ちのベクトルが仕事に100%向いており、仕事への情熱がある為、将来性のあるプロフェッショナルになる可能性は高いと言えます。

 

仕事への情熱と共に、もちろんその仕事への適正も関係しますが、ドッグトレーナーの場合、本当に犬が大好きだという気持ちを常に忘れずに働き続けるなら、おのずと将来性のあるドッグトレーナーとなることができるでしょう。