ドッグトレーナーの仕事|大変なのはどんな部分?

犬に携わる仕事は数あるものの、ドッグトレーナーは比較的難易度の高い資格と言えるでしょう。

 

ドッグトレーナーとはどんな仕事?

ドッグトレーナーとは、家庭犬のしつけをするトレーナー、ドッグショーに出場する犬を専門にトレーニングするトレーナー、警察犬、盲導犬、災害救助犬などの特殊技能を要する犬を育成するトレーナーなどに細分化されますが、ここでは一番一般的で、ニーズの高い家庭犬のトレーナーについて紹介をしてゆきます。

 

ドッグトレーナーの資格取得は難しい?

資格の取得は、通信教育、通学、トレーナーへの弟子入り等様々な方法がありますが、どれも民間資格ですから、取得自体はさほど難しいものではありません。

 

中には、実技に重きを置く講座もあり、実際に自身の飼っている犬をパートナーとし、トレーニングを行い、課題をクリアすることで認定を受ける方法もあります。

 

ドッグトレーナーにとっての大変さとは?

ドッグトレーナーとして活躍するうえで、最も大変だと感じる事は、知識より、技能が求められる事でしょう。

 

トレーナーの元に寄せられる犬に関する相談は、各家庭ごとに様々です。

 

それぞれの家庭環境(留守番が多い、小さな子供がいる、犬の飼育に不慣れ等)や犬の性格、犬種、犬の生活環境(多頭飼育かどうかなど)に合わせたトレーニング内容の提案が必要になります。

 

この犬種だから、この犬だから、トレーニングの成果が出せなかったという言い訳は通用しませんから、どのような犬であっても常に改善という結果が求められるのです。

 

なかなか自身の知識通りにトレーニングが進まない、今までに経験したことのない問題行動レベルの犬に出会う事もたびたびあります。

 

どのようなケースであっても、トレーナーが犬本来の気質をしっかりと理解し、問題行動は必ず改善できるという信念の元、飼い主と協力することで、必ずよい結果を出すことはできるものです。