高卒でドッグトレーナーになるには?

高校を卒業後にドッグトレーナーとして就職をするには、専門学校への進学もしくは資格取得が近道でしょう。

 

専門学校へ進学する場合

ペット関連の専門学校は数あるものの、各学校ごとに得意とする分野は大きく異なります。進学先の専門学校を選ぶ際には以下の点を確認しましょう。

 

トレーニングの専門コースの有無

中には、トリミングが主流であり、トレーニングは副教材程度の学校もあります。

 

トレーニングを担当する講師

有名な講師であっても、しつけの流派が自分にあうとは限りません。どのような講師が担当するのかも大事なポイントです。

 

卒業生の進路を調べよう

警察犬訓練所への就職率の高い学校、大手ペットショップの販売員になる率の高い学校、学校直営の施設への就職等卒業生の進路を調べる事で、自分の将来の方向性が見えてくるからです。

 

モデル犬の有無

学校でモデルとなる犬を飼育しているのか、頭数はどのくらいいるのか?実技のレッスン数はどのくらいあるのかも確認をしておきましょう。

 

高校卒業後、就職を希望する場合

民間の訓練所やトレーニング専門の施設、会社では、高校卒業を機に新卒として採用を行っている場合があります。

 

費用をかけての求人を出すケースは少ないので、自分から直接問い合わせをしてゆきましょう。

 

トレーニングの技能に関しては、仕事を通じて身につけてゆくようになります。

 

就職後、1,2年は見習いとして、犬の世話や先輩トレーナーのアシスタントをする日々が続きますが、見習い期間に身についた経験は後々大きな支えとなりますので、あきらめずに取り組みましょう。

 

通信講座で資格取得をする場合

まずは資格取得をと考える場合、通信講座がお奨めです。

 

通信講座だけでは、実技の経験が不足してしまいますから、ぜひ犬の関連施設でのアルバイトなども並行するとよいでしょう。

 

資格や専門学校卒という条件がないと採用が難しい場合もあります。

 

そのような場合、犬を扱うボランティア団体のお手伝いという方法もよい経験となるでしょう。

 

ここで紹介している方法以外にもドッグトレーナーになる方法はいくつもあるものです。ぜひ自分なりの道を見つけてください。