ドッグトレーナーの資格を取得して独立するには?

ショップやスクールなどでドッグトレーナーとして働いているものの、いつかは独立して活躍したいという夢を持っている方もおられることでしょう。また、最初からドッグトレーナーとして独立開業する目的でドッグトレーナーの資格を取得する方もおられることでしょう。

 

今回は、ドッグトレーナーの資格を取得してから独立する際に知っておきたいことに関してご紹介したいと思います。

 

資格を取得後に独立するために

自分のお店を持つことはワクワクすることですが、どんなタイプのお店であっても独立するためには準備が必要です。ドッグトレーナーであっても同じことが言えますが、ドッグトレーナーの資格を取得したというだけでは独立することは不可能です。

 

ドッグトレーナーとして独立したい方であるなら、ドッグトレーナーの資格の他にも「動物取扱責任者」として自治体に登録する必要があります。ドッグトレーナーだけでなく、ペットに関係するビジネスで独立しようとする方に登録が義務付けられているものです。

 

この動物取扱責任者として登録するための条件として、ペット業界での半年以上の実務経験・ジャパンケンネルクラブなど、所定の専門学校やスクールを卒業していること・資格を取得していること、の3点があげられます。

 

ですから、ドッグトレーナー資格を取得するスクールや講座が、動物取扱責任者として登録できる所定の機関であるか、事前に確認しておく事は独立を目指す方にとって非常に重要なことです。

 

独立するために取得しておきたい資格

ドッグトレーナーとして独立したい方が、ドッグトレーナーの資格の他に取得しておけば役立つ資格がいくつかあります。

 

その中には、ペットシッターの資格があります。ペットシッターの資格は、ドッグトレーナーとして犬の一時預かり施設である保育園や幼稚園を開業するために非常に有用な資格と言えるでしょう。

 

ペットシッターの資格が取得できるスクールによっては、動物取扱登録申請認可のスクールもあるのでこちらも事前に確認してスクール選びを行う方がよいと言えます。