ジャパンケネルクラブ(JKC)「愛犬飼育管理士」資格とは?

家庭で犬を飼っておられる方なら必ずその存在をご存知であろう、日本を代表する犬の団体であるジャパンケンネルクラブ(JKC)ですが、そのジャパンケンネルクラブの認定している「愛犬飼育管理士」の資格とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

JKC愛犬飼育管理士について

まず、愛犬飼育管理士についてですが、ペットビジネスの世界においてブリーダーや動物の販売、動物の訓練や展示などを行う際には動物取扱業者登録をしなければなりません。

 

自治体によって登録の資格条件として、ジャパンケンネルクラブが認定しているこちらの愛犬飼育管理士の資格を有することを義務づけているところもあります。

 

愛犬飼育管理士という名称から、ドッグトレーナーの職業も含んだペットの世話をするプロフェッショナルな職業のための資格かと思われていますが、こちらの愛犬飼育管理士の資格を取得する方の多くが、ペット業界で独立・開業するためにこちらの資格を取得されている様です。

 

愛犬飼育管理士の資格取得方法

ジャパンケンネルクラブでは、ドッグトレーナー養成講座を始め動物看護士など、ペット関連の資格を修了した方に愛犬飼育管理士のテキストが贈られます。

 

資格取得には、そのテキストに基づいた資格試験を受験する必要がありますが、その前にジャパンケンネルクラブが全国で開催している「JKC愛犬飼育管理士」の講習を受ける必要があります。

 

その講習の後に、引き続いて行われる筆記テストに合格すれば無事に資格取得となります。しかし気をつけたい点として、こちらのジャパンケンネルクラブの愛犬飼育管理士の資格を取得したいと思う方は、事前にこちらの団体の会員登録をする必要があります。

 

ペットを取り扱う仕事をしたい、その仕事で独立開業を目指したい方にとっては、現在必須の資格となっている愛犬飼育管理士の資格ですが、ドッグトレーナーとして独立する時の為にも取得しておくと良いかも知れません。