ジャパンケネルクラブ(JKC)「ハンドラー」資格とは?

ドッグショーや訓練競技会などを頻繁に開催し、日本における犬の訓練士やトリマー、またハンドラーなどの技術の向上に貢献しているジャパンケンネルクラブですが、こちらの団体は認定している「ハンドラー」の資格とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

ハンドラー資格について

まず、ハンドラーとは一体どのような職業に就く人のことなのでしょうか?ドッグトレーナーと少し似た職種となりますが、ハンドラーが活躍する場は主にドッグショーやドッグコンテストです。

 

それらの出場する犬を訓練し、調教するのがハンドラーの仕事となります。ハンドラーは、当日のドッグショーなどにおいて、ハンドリングする犬の能力を最大限に引き出すことによって、審査員に上手くアピールします。

 

ジャパンケンネルクラブでは、C級・B級・A級・教士・師範の5つの公認ハンドラー資格を発行しています。

 

国家資格ではないので、こちらの資格がなくてもハンドラーとして活躍することはできますが、日本を代表する犬の団体の認定ハンドラーであることは、その技術力の高さを証明することにもなります。

 

資格取得の条件

どの資格を取得するに際しても、ジャパンケンネルクラブの会員登録をしている必要があります。最低1年以上のクラブ会員歴があって初めてC級からの資格取得となります。

 

ハンドラーC級

18歳以上であり、自分の住んでいる場所を管轄しているブロック協議会が受験資格を与えた人。試験は犬を1頭と臨む実技試験となります。

 

ハンドラーB級

C級を取得してから2年経った人で、管轄のブロック協議会が受験資格を与えた人。試験では、2頭の犬と共に実技試験を行います。

 

ハンドラーA級

B級を取得してから3年以上経った人で、管轄のブロック協議会が受験資格を与えた人。試験では、3頭の犬と共に実技試験を行います。

 

ハンドラー教士

30歳以上であり、A級を取得してから5年以上経っている人で、管轄のブロック協議会が受験資格を与えた人。こちらは3頭の犬と臨む実技試験の他にも、学科試験を受ける必要があります。

 

ハンドラー師範

55歳以上であり、ハンドラー教士として10年以上の実務経験がある人で、中央ハンドリング協会の推薦を受ける必要があります。その後、理事会の承認を得た人のみが、この資格を取得することができます。