【日本ケンネルカレッジ】ドッグトレーナー講座の特徴とは?

ドッグトレーナーを養成する専門学校に通うのもよいですが、働きながら資格を取得したい方にとって、通信講座は大変魅力的な資格取得法でしょう。

 

その一つである、ペットに関する資格専門学校である日本ケンネルカレッジのドッグトレーナー講座とは、一体どんな特徴を備え持つ講座なのでしょうか?

 

日本ケンネルカレッジのドッグトレーナー講座とは?

ペットに関する資格取得の専門学校である日本ケンネルカレッジのドッグトレーナー養成専門講座では、ドッグトレーナーとしての基礎知識をしっかり身に付けることができるベーシックコースとマスターライセンスが取得可能なコースとに分かれています。

 

ドッグトレーナー養成講座ベーシックコースでは、約2ヶ月の学習期間中に、犬についての基礎知識から犬種の違いによるアプローチの仕方、しつけの基本などを学ぶことができます。

 

またより専門性の高いドッグトレーナー養成専門講座では、約5ヶ月の学習期間を通してマスターライセンスを目指すことができます。

 

ドッグトレーナー養成専門講座の特徴とは?

マスターライセンスが取得可能なドッグトレーナー養成専門講座の特徴としては、マスターライセンスを取得した後に実技スクーリングに参加することで、更に上の資格であるインストラクターライセンスの取得が可能になることでしょう。

 

実際に良いドッグトレーナーとなるには、経験が非常に重要になってきます。その点、通常の通信講座のみでは知識にのみ偏りすぎ、経験を積むことが出来ないデメリットがありますが、実技スクーリングのある日本ケンネルカレッジのドッグトレーナー養成専門講座では、そんな心配をする必要はありません。

 

また、インストラクターライセンス取得後にJCSA正会員として登録すると、就職・独立開業のサポートを受けることができます。そうすることで、夢だったドッグトレーナーとしていち早く活躍する日が、現実のものとなることでしょう。