ドッグトレーナーの資格の種類はどのようなものがある?

家庭の犬へのしつけや問題のある犬の習性の矯正を行なう仕事を、ドッグトレーナーと呼びます。

 

ドッグトレーナーを目指す人たちはたくさんいると思いますが、家庭犬でのペットとして犬を飼われたことのある経験のある方であれば、ドッグトレーナーの資格を自ら取得して、ペットの犬との関係を良好に保つために、受講してみようと思う人もたくさんいると思います。

 

自らの家庭犬へのトレーニングを目的に受講する人や、将来的にドッグトレーナーを目指して受講する人など、目的はそれぞれだと思います。

 

代表的なドッグトレーナーの資格は、5つ挙げられます。現在、ドッグトレーナーの公的な資格は特に無く、どれも民間の資格になります。しかしながら、ドッグトレーナーとして活躍をするためには必ず取得しておきたい資格と言えるでしょう。

 

ドッグトレーナー

まず代表的な資格が、家庭犬のドッグトレーナーが挙げられます。家庭犬やペット愛玩犬などへの訓練を行うのに適している資格です。ペットが人間と共存していくためには、必要最低限のルールがあります。

 

そのような社会的生活ルールをしっかりと教え込んでいくのがこの家庭犬トレーナーです。犬に対して、しつけやルールをしっかりと身に付けさせる能力を証明することに役立ち、この資格を取得することによって、家庭犬トレーナーの専門家として就業、独立も可能と思われます。

 

愛犬飼育管理士

愛犬飼育管理士は、家庭で飼育されている愛犬の飼育や管理上の知識とスキル等を習得できる資格になります。この資格はペットとしての犬のしつけや訓練だけでなく、犬学や繁殖、動物愛護法等の習得も目指しており、将来ドッグトレーナーになりたい人には有用な資格と言えます。

 

犬の訓練士

犬の訓練士の資格ですが、この資格には警察犬の訓練士などの他、一般の犬の訓練も行う訓練士という部類があります。犬の訓練士としての資格は、ペットと共存していく上で、トラブルなどの防止に役立つ資格であり、ペットレジャー施設やペットショップ等への就業を考えている人たちに、適している資格と言えるでしょう。

 

ドッグハンドラ―

ドッグハンドラ―は、ドッグショーなどに出場する犬の訓練とショーの当日にハンドリングを行なう仕事になります。犬を預かってトレーニングをする仕事を請け負っており、ドッグショーのためのトレーナーと言えます。ハンドラ―は犬の専門家であり、独立開業して起業できる資格になります。