ドッグトレーナーになるには|必要な資格とは?

ドッグトレーナーの資格は民間資格ですから、この資格がないと開業できないというものはありません。

 

しかし、資格取得を推奨する傾向にあるのは、やはり有資格者であるという事が依頼者からの信頼につながり、自身の技術の保証にもつながるからと言えるのではないでしょうか。

 

将来を見据えた学校選び

将来、資格取得後に開業を希望している場合、開業希望地域にある専門学校を卒業することもよい方法です。

 

広告宣伝などのプロフィール欄に記入する機会も出てくるでしょうから、近隣の方であれば、その学校名を知っていることも多く、話のタネにもなることでしょう。

 

愛玩動物飼養管理士

トレーナーではないものの、ペット業界関係者の中で比較的取得率の高い資格です。

 

動物の適正な飼養管理に関する基礎知識に関する資格で、ドッグフードメーカーやペット用品メーカーなどの直接犬に触れる仕事ではないものの、犬に関する専門知識が必要な場合に取得をする傾向にあります。

 

ペットの仕事に携わる者として、この資格も合わせて取得しておくとよいでしょう。

 

この資格は、開業時の動物取扱業の申請の際の認定要項にも該当します。

 

動物取扱業の届け出

動物に携わる仕事を開業する際には、保健所や自治体への届け出が法律で義務づけられています。

 

ペットショップのように店舗を構える場合だけでなく、個人で出張型の仕事を開業する場合にも届け出は必要ですので、お間違えのないように。

 

届け出が受理され、開業が認められるには、一定の要件があり実務経験や資格の有無が関係します。

 

専門学校の入学や講座受講の際には、認定を受けることが出来るかどうかも判断基準とするとよいでしょう。

 

トレーナーとして広告を配布したり、名刺を作成する場合には、必ずこの届出番号を表記する必要があります。

 

開業地域が複数の自治体におよぶ場合には、必ずそれぞれの自治体へ届け出の確認を行い、業務を開始しましょう。