ドッグトレーナーの現状はどうなの?

これからドッグトレーナーの資格を取得しようとしている方にとって、ドッグトレーナーの現状は気になることの一つに違いありません。

 

せっかく資格を取得したとしても、その後その資格を活かせる場所がなければ、ドッグトレーナーとして活躍する夢を叶えることはできません。

 

現時点で、ドッグトレーナーの現状は一体どのようなものなのでしょうか?

 

ドッグトレーナーの現状

日本では様々なペットが飼育されていますが、中でも犬は最もポピュラーなペットなのではないでしょうか。犬を飼う人は多く、犬の世話にお金をつぎ込む人も沢山おられます。

 

しかし、しつけ教室を開く企業はまだまだ少ないのが現状です。実際、日本で現在ペットとして飼われている犬の数に比べれば、国内で開催されているしつけ教室の数は少ないと言えるでしょう。

 

こんな日本のドッグトレーナーの現状に、今からドッグトレーナーを目指そうとされている方ならがっかりされるかも知れません。しかし実際のところ、これからドッグトレーナーの需要が高まるか否かは、ドッグトレーナーや犬を飼う人々の意識の持ちようにあるのではないでしょうか。

 

必要性を認識してもらう

決して良いとは言えない日本の住宅事情を考えるなら、ペットにきちんとしつけをする事はとても大切なことです。自分や家族だけでなく、周りに住んでいる人々のことをも配慮に入れてそうする必要がありますが、ペットの飼い主の中にはそんな認識の欠けた人がまだまだ多いのではないでしょうか。

 

ですから、飼っている犬にトレーニングをする必要性を飼い主たちに認識してもらうことが重要になります。ドッグトレーナーの役割としては、しつけ教室などのイベントがあることをもっと世間にアピールする必要があるのではないでしょうか。

 

そうすることによって、人間と犬たちが双方気持ちよく共存できる社会を実現することが出来ますし、ドッグトレーナーの現状を変えていくことができるに違いありません。