ドッグトレーナーとはどんな職業?

実際のところペットに関係する仕事の中でも、満足度とやりがいが非常に高い仕事であるドッグトレーナーの仕事ですが、世間での認知度がまだまだ高いとは言えない状況にある日本。

 

トレーナーと言うその名称から、ついつい犬の訓練士と混同してしまいそうになりますが、ドッグトレーナーとは一体どのような職業なのでしょうか?

 

ドッグトレーナーの仕事とは?

ドッグトレーナーという職業は、単に犬をしつけたり訓練する仕事ではありません。しつけやマナーを教える際にも、個性豊かな犬たちの気質や性格を見極め、それぞれの犬種や性質にあった方法でアプローチする必要があります。

 

そうして効果的な方法を発見することができたのであれば、ターゲットであるペットの犬の問題行動の解決案を飼い主に提示します。その際に、ペットの飼い主に対して、どのように正しくペットに接することができるのかを指導することができるでしょう。

 

犬と人間双方の架け橋となるドッグトリマーの仕事はやりがいはありますが、成果がすぐに現れない時にはプレッシャーと気疲れを感じてしまうこともあるかも知れません。

 

ドッグトレーナーとしての使命

住宅事情に関わり無く、ペットを飼う家庭が増えています。ちゃんと世話がなされているペットもあれば、忙しいなどの飼い主の一方的な理由や都合できちんと世話がなされていないペットもいることでしょう。

 

ペットの犬と一緒に過ごす時間が取れないにも関わらず、しつけをすることは大変難しいことです。

 

その様な飼い主とのコミュニケーション不足や、狭い環境に閉じ込められていることによりストレスを感じているペットも多いのが現状です。

 

そんな中、しつけをしても覚えが悪いなどの理由で、問題行動を起こすペットの犬たちを簡単に捨ててしまう人も中にはいる様です。

 

そんな悲しいことが起こらないためにも、ドッグトレーナーが飼い主と犬たちの間のコミュニケーターとして役割を果たす必要があるのです。