ドッグトレーナーの1日のスケジュール

主に家庭犬にしつけや訓練を施すのがドッグトレーナーの仕事ですが、彼らの1日はどのようにして過ごされるのでしょうか?今回は、そんな気になるドッグトレーナーの1日のスケジュールをご紹介したいと思います。

 

とあるドッグトレーナーの1日

今回は、ペットホテルのサービスも兼ね備えたドッグトレーナースクールで働く、とあるドッグトレーナーの1日をご紹介します。

 

【7:00】
出勤後、ホテルで預かり中の犬やスクールの犬たちのドッグランをします。その後、それぞれの犬たちの体調チェックと、ホテル内の清掃をします。 

 

【8:00】
犬たちに朝食を準備します。一時預かりサービスを利用されるお客様のお出迎え、またトレーニングに通ってくる犬たちのお出迎えをします。

 

【9:00】
トレーニング開始。飼い主の希望に合わせてトレーニングを行っていきます。トレーニングの終了後には、グルーミングをしていきます。

 

【11:00】ドッグランをします。その後、トレーニングで使用したグラウンドや犬用トイレの掃除をします。

 

【13:00】
犬たちがケージで休んでいる間にスタッフもお昼休憩を取ります。食事の後は、担当している犬たちと遊ぶこともできます。

 

【14:00】
しつけ教室開始。

 

【15:00】
一時預かりで来ていた犬たちのお迎え待ちをしながら、事務手続き処理をします。連絡ノートにその日の様子や気になることなどを書いて、飼い主の方に伝えます。

 

【16:00】
犬たちの夜のご飯の準備をします。

 

【17:00】
どうしてもお迎えに来れないお客様のために、犬たちを自宅まで送ることもあります。

 

【18:00】
掃除とミーティングの後、帰宅。営業時間終了後にスタッフで集まり、1日の報告をし合います。翌日の予定や、個々の犬たちのトレーニング状況など情報交換も行います。

 

こうして見ると、本当に犬が好きな人にとっては天職とも呼べるドッグトレーナーの仕事ですが、お客様と犬たちの双方に気配りが必要とされる仕事なのではないでしょうか。