ドッグトレーナーになるには資格は必須?

ドッグトレーナーになりたいという方の中には、資格について気にされている方もおられると思います。

 

ドッグトレーナーになるために資格が必須なのであれば、取得しておかなくてはなりません。

 

ここでは、ドッグトレーナーになるためには資格が必須がどうかという点について、ご説明していきます。

 

ドッグトレーナーになるには資格は必須なの?!

ドッグトレーナーになるためには、今のところ必須とされている国家資格のようなものはありません。

 

実は、警察犬や盲導犬訓練士なども、団体などが独自に認定しているものなのです。

 

国家資格はないものの、ドッグトレーナーとしての民間資格は存在しています。

 

この民間資格も必須ではありませんので、取得する必要がないと思われてしまいそうですが、実は必須ともいえるものなのです。

 

資格を取得することによって、犬への理解やドッグトレーナーとしての働き方、犬との接し方、しつけの方法などを学ぶ事ができます。

 

無資格の状態でドッグトレーナーの仕事をするというのは、極端な話、素人が犬にしつけをすることと何ら変わりありません。

 

やはり専門的な知識が必要となる仕事ですので、資格を取得されることをおすすめします。

 

どんな資格があるの?

ドッグトレーナーの民間資格として、どのような資格があるのか見ていきたいと思います。

 

日本ドッグトレーナー協会(JDTA)

・ドッグトレーナーA級ライセンス
・ドッグトレーナーB級ライセンス
・ドッグトレーナーC級ライセンス
・ドッグトレーナーD級ライセンス

 

一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)

・ドッグトレーナーマスターライセンス
・ドッグトレーナーA級ライセンス
・ドッグトレーナーB級ライセンス
・ドッグトレーナーC級ライセンス

 

など、このような資格が存在しています。

 

他にも日本ペット技能検定協会が認定しているライセンスなどもあります。

 

ドッグトレーナーとして犬達の気持ちに寄り添い、飼い主の方と楽しく生活していくことが出来る様にするために、資格を取得することは大切になります。