ドッグトレーナー|養成スクールで資格を取得するメリットとは?

ドッグトレーナーの手法というのは、多種多様なものがあります。

 

昔ながらの「服従訓練」最近話題の「褒めてしつける方法」ペットとして暮らす小型犬に特化した「家庭犬トレーニング」など様々です。

 

ドッグトレーナー養成スクールとは

有名なドッグトレーナーや大手の訓練施設では、自身のトレーニング手法に添った指導を行い、次世代のトレーナーを育成するための「養成スクール」を運営しています。

 

養成スクールには、毎日通学するもの、短期間の住み込む型のもの、通信講座で実技実習時のみ通学をするものなどがあります。

 

養成スクールで資格を取得するメリットは

一番のメリットは、各スクールのトレーニングに関する手法を集中的に学習し、身につける事が出来る点でしょう。

 

また知識や経験は、入学後に身につける事が前提となっているので、犬に関する予備知識や経験の有無を気にすることなくスタートできます。

 

資格取得後の就職においては、同じ手法を受け継ぐ関連施設や団体への斡旋があることや、卒業生同士のネットーワークが確立されているので、比較的スムーズと言えるでしょう。

 

注意点

一概に犬のトレーニングといっても、その手法は様々です。

 

養成スクールに申込みをする前に必ず見学にゆきましょう。

 

合わせて、代表者の著書や卒業生の活躍などについても調べることをお奨めします。

 

養成スクールの方針や手法が自分自身にあっているのかをよく考えてから、申込みを決断するとよいでしょう。

 

また資格取得後も養成スクールでの知識や技能に偏りすぎてしまう事なく、積極的に新しい情報や技能を習得するように心がけるとよいでしょう。

 

犬のトレーニングの手法は、過去10年間でも大きく変化しています。

 

それは、犬が屋外で飼育する動物から、室内で共に暮らす家族への変化があったからです。

 

これからも、犬との暮らし方は変化を続けてゆくことでしょう。

 

自身の知識や経験をベースとして、新しいものをどんどん積み上げてゆくことで、より信頼されるプロのトレーナーになってゆくのですから。