最短でドッグトレーナーになるには?

ドッグトレーナーになるために?

日本でペットとしての犬が各家庭に普及するに従って、家庭犬のドッグトレーナーになるための専門スクールはたくさん目にするようになりました。ほとんどがイギリスが発祥のイギリス式の個人メソッドでのドッグトレーナー講習を学んでいます。

 

そのため、どこのスクールが一番良いなどは人それぞれの個人的な意見によるので、自分に合う合わないをしっかりと見極めて、犬と自分に合うスクールを色々と探してみた方が良いでしょう。

 

ほとんどのスクールでは、約半年の受講となっています。この半年間の受講中に、家庭の犬の訓練士であるドッグトレーナーとしての資格を所持するための講座を学ぶこととなります。

 

ドッグトレーナーとしての職業

ドッグトレーナーとしての受講をした後には、専門的な職業として独立開業の道も開けています。どこの専門スクールでもドッグトレーナーとしての資格の為の受講をして資格取得の卒業後の進路に関しても、充実したサポート体制を敷いているそうです。

 

欧米で活発化している、世界基準のドッグトレーニングでは、犬の行動や心理などを理論的に研究して、それらを実践的に置き換えて応用しているメソッド、ドッグトレーニングの技法が現在主流になっています。

 

世界的基準に於いては、ドッグトレーニングの技法は、犬の行動理論に基づいて実践されている科学的なトレーニング方法として考案され、現在数多くのドッグトレーナーがそのようなメソッドを基礎にして、独自のメソッドを開発しているトレーナーも数多くいます。

 

ドッグトレーナーとして活動するにあたっては、常に犬と飼い主たちと自分との関係が非常に重要になります。そのため、人と人との円滑にコミュニケーションを取る能力も犬と同様に必要となってくる職業であると言えます。

 

犬と自分との一対一の関係に加え、飼い主たちの存在がどのように位置づけられるようになってくるのかも、とても重要な要素となるでしょう。そのため常にパートナーシップを取っているのが、犬なのか自分なのかがとても大切であると言えます。

 

そのような視点も念頭に置いて、これからドッグトレーナーとしてどのように活動をしていきたいのかとても重要な課題の一つと言えるでしょう。

 

ドッグトレーナーとしての仕事は、飼い主たちから仕事の依頼をされて初めて仕事として成り立っている職業です。ドッグトレーナーを要望している職場は多くあると思われます。

 

犬が大好きという気持ちと将来ペットに関する仕事で独立をしたい人や、犬を通じて社会貢献をしたい人などに向いている職業と言えるでしょう。

 

ぜひ大好きな犬を通じて世の中に貢献してみてはいかがでしょうか?多くの人と犬との出会いが待っているはずです。