ドッグトレーナーに必要な知識・スキルとは?

ドッグトレーナーという職業に憧れる方の中には、自分に果たしてその適正があるのかどうか、不安に感じている方もおられることでしょう。

 

一生懸命ドッグトレーナーになるために時間と費用を費やしたのにも関わらず、実際に働いてみると自分に向いていない職業だった、ということを避けるためにも、今回はドッグトレーナーに必要な知識とスキルについてご紹介したいと思います。

 

ドッグトレーナーに必要な知識とは?

ペットである家庭犬にしつけを施す仕事として、ドッグトレーナーに求められる知識とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

一言に家庭犬と言っても、日本ではバラエティーに富んだ犬種がペットとして飼われています。犬それぞれのキャラクターにもよりますが、種類の豊富な犬種それぞれの特徴を知識として身に付けることは非常に大切です。

 

また、基本的な褒め方と叱り方の知識やしつけのトレーニング学、噛み癖や無駄に吠えるなどよくある問題行動の解決方法に関する知識がドッグトレーナーには求められることでしょう。

 

ドッグトレーナーに必要なスキルとは?

ドッグトレーナーとして必要なスキルとは、まず何と言っても「犬が心から好き」かどうかでしょう。このことをスキルとしてあげるのはおかしい、と思う方もおられるかも知れませんが、犬をビジネスのターゲットとしてみなしている人と心から犬が好きな人とでは、その扱い方に非常に大きな違いが生じます。

 

飼い主の立場からすると、大切な家族の一員であるペットを指導してもらう訳ですから、ビジネスライクな態度ではなく、心からその犬のことを真剣に考えてくれるドッグトレーナーに委ねたい、と思うのは当然のことなのではないでしょうか。

 

ドッグトレーナーとしてその他にも、辛抱・忍耐強さやコミュニケーションのスキルなどが求められることでしょう。犬とのコミュニケーションはもちろん、飼い主にしつけの仕方を指導する際にもコミュニケーション・スキルを発揮する必要があります。