ドッグトレーナーになるには|専門学校ではどんな事を学ぶ?

ドッグトレーナーの資格を取得し、実際にドッグトレーナーとして働かれている方の多くは、専門学校で学んでおられた方々です。

 

ドッグトレーナーの資格を取得できる専門学校ではどのようなことを学ぶのか、気になるところなのではないでしょうか。

 

ここでは、ドッグトレーナーの資格を取得するための専門学校では、どのような事を学べるのか、見ていきたいと思います。

 

専門学校ではどんな事を学ぶの?

では早速、ドッグトレーナーの専門学校ではどのような事を学ぶのかについて、ご紹介していきます。

 

今回は、国際動物専門学校の、しつけ・トレーニング学科について見ていきたいと思います。

 

こちらの専門学校は、2年間となっており、昼間の通学となります。

 

NPO法人日本動物福祉職能協会のドッグトレーナー2級・3級、しつけアドバイザー、ドッググルーマー、トリマー3級などの取得が目指せます。

 

担当犬制度というものがあり、トレーニングから飼育管理までを、時間をかけて学んでいきます。

 

日々担当犬のしつけやお世話、トレーニングなどを行うことによって、犬について深く知っていくことができますし、何より実践的な経験を積む事が出来ます。

 

そして、犬の健康管理やグルーミングといったような手入れや、しつけなどのアドバイスを飼い主の方に行うことが出来る様な、スペシャリストを目指していきます。

 

ただ単に授業を受けるだけではなく、実習もあります。

 

実習では現役のトレーナーが担当してくれますので、現場の事情や知識、技術などを身につけることが可能です。

 

クラスは担任制となっていますので、質問や疑問などを解決しやすいほか、就職指導などについてもアドバイスをもらう事が出来ます。

 

ただ単に犬のしつけについて学ぶということではなく、担当犬と一緒に学んでいくことによって、より深い知識や技術を得る事が出来ます。

 

このような事を学べるのは、専門学校ならではであり、通信講座や通学講座ではなかなか経験できないことです。

 

専門学校で資格の取得を目指したいという方は、自分に合った専門学校を選ぶようにし、夢を叶えてくださいね!