ドッグトレーナーに向いているのはどんな人?

犬とアイコンタクトを交わし、軽い手の合図だけで、スムーズに犬を誘導するドッグトレーナー。

 

ペット業界に携わる人からみても、憧れの職業の一つといえるでしょう。

 

ドッグトレーナーという仕事で一人前になるには、どのような性格タイプの人がむいているのでしょうか?

 

ぶれない人

何より大事な適性は、「ぶれない」ことです。

 

犬を見て、飼い主のカウンセリングを行い、どのようなトレーニング方法がよいのかを決めたら、途中で投げ出したり、犬が言うことを聞かないからといって挫折してはいけません。

 

トレーナーに依頼するのですから、一辺倒な方法ではいうことを聞かず、何かしらの問題行動はあって当たり前です。

 

ここで、トレーナーがぶれてしまうと、犬はさらに人間を甘く見てしまい、問題行動も悪化してしまうでしょう。

 

挫折してしまうそうなことも多々ありますが、当初の方針で「いけない」「だめ」と決めたことは、首尾一貫して貫き通すようにしましょう。

 

コミュニケーション能力が高い人

トレーナーの役目は犬をしつけることだけではありません。

 

飼い主に正しい犬の扱い方を身に着けてもらうことも重要な役目です。

 

トレーナーの言うことしか聞かない犬というのはたくさんいます。

 

それは、トレーナーが犬を扱うテクニックを身に着け、毅然とした態度で接するからでしょう。

 

ですが、これでは飼い主の依頼に答えた事にはなりません。

 

トレーナーから卒業した後も、家族ともに楽しく、穏やかな生活を送ることができるようにしつけなおすこと、飼い主が適切に犬を扱えるようになることが一番理想的なのです。

 

犬の問題行動を改善するよりも、飼い主の問題行動を改善させる方が数段難しいと言われています。

 

飼い主とのコミュニケーションを上手にとり、犬の扱い方を改善するように指導をしてゆきましょう。

 

学習意欲が旺盛な人

今や犬も交雑や品種改良が進み、それぞれの犬種本来の性格や気質は失われつつあります。

 

図鑑には穏やかな気質と書かれていても、実際にはほど遠いということも。

 

どのような犬種、生活環境、飼い主の要望にも対応できるように、しつけの手法や関連知識は常にアンテナを張り、情報収集に努めましょう。