「セラピードッグトレーナー」資格とは?

最近、日本でも動物介在療法が注目を集めています。

 

動物介在療法とは、病気治療の場に動物を介在させ、患者の精神面でのケアを行う方法です。

 

海外では、昔からこの方法に効果があることが認められていて、病院や施設での動物の受け入れが盛んに行われています。

 

日本では、犬が用いられるケースが多く、「セラピードッグ」という名の下で活躍をしています。

 

セラピードッグの役目

日本では、老人介護施設や怪我のリハビリを行う施設、小児病棟のある病院などで、セラピードッグの受け入れが進んでいます。

 

セラピードッグが訪れる事を楽しみにすることで、治療にも前向きになることが出来、気持ちも明るくなるという大きな効果が現れるからです。

 

たとえば自分だけではくじけてしまいそうな手指のリハビリをする時に、「セラピードッグ」に触れたい、撫でてあげたいという気持ちがあることで、リハビリに意欲的になることができるからです。

 

セラピードッグを育てるには

セラピードッグの育成は、各ドッグトレーナーが自分の手法によって、犬をトレーニングし育成しています。

 

セラピードッグに必要な資質は、「常に穏やかにいられること」「誰に、どのように触られても、おびえることなく、受け入れる姿勢であること」「大きな音や突然の出来事にパニックを起こさない事」など、家庭のペットに求められるトレーニングとは、大きく異なる内容のトレーニングが必要になってくるのです。

 

セラピードッグのトレーニングに関する資格も民間資格ですから、自分の都合や予算に合わせて、専門学校への進学や通信講座などの方法を選択するとよいでしょう。

 

まだまだ知名度も低く、受け入れ先の施設の件数が少ない事もあり、日本では、セラピードッグ専門のトレーナーという分野は確立されていません。

 

しかし、犬のトレーニングという意味では、一般的なドッグトレーナーの資格と基礎の部分は一致していますから、ドッグトレーナーの資格を取得後のスキルアップとして考えるとよいでしょう。