ドッグトレーナーの養成スクールではどんな事を学ぶ?

ドッグトレーナーの資格を取得しようとされている方の中には、ドッグトレーナー養成スクールへの入学を検討されている方もおられることでしょう。

 

様々なスクールが存在しますが、ドッグトレーナー養成スクールでは一体どんな事を学ぶのでしょうか?

 

養成スクールで学べること

ドッグトレーナー養成スクールで学べることの中には、トレーナーとしては欠かせないトレーニング学があります。命令の仕方や食事やトイレなどに関する基本的なしつけの方法、褒め方や叱り方などを学ぶことができるでしょう。

 

その他にも、犬学として様々な犬種の特徴・性質を学ぶことができます。また、あるユニークなドッグトレーナー養成スクールでは、人間の心理学を学べるというスクールもあります。

 

ドッグスクールで心理学を学ぶなんて意外に思われるかも知れませんが、ドッグトレーナーとして働く際に、飼い主の方々とのコミュニケーションを円滑なものとする為に必要になる分野の学問として認識されている様です。

 

養成スクールで学ぶ必要について

国家資格ではないドッグトレーナーの資格は、もちろん民間機関が発行している資格になりますが、もしも資格を持っていなくても雇用してくれるショップなどがあれば、すぐにでも働ける職業でもあります。

 

しかしながら、全くの素人がドッグトレーナーとして働くのはやはり無理があることでしょう。実務経験が非常に大切になる仕事ですが、犬に関する基礎的・専門的な知識の他にも、効果的なトレーニングの方法などを知っておく必要があるでしょう。

 

その点ドッグトレーナー養成スクールでは、ドッグトレーナーに必要な知識を基礎からしっかり身に付けることができると言えるでしょう。また、たとえ資格なしで働けたとしても見習いからドッグトレーナーになるのと、即戦力としてドッグトレーナーとして活躍するのとでは大きな違いがあります。

 

ですから時間も費用も掛かりますが、早く一人前のドッグトレーナーとして活躍したいと思う方は、ドッグトレーナー養成スクールで学んだ方が効果的と言えるのではないでしょうか。